古民家リフォーム

リ.フォーム
そして、石破建ての伝統的な木造のお家です
柱、梁が大きいベンガラ色を塗った真壁のお家 です
私が育った家、古民家のお家です
古民家のお家 を維持する 守ること 大変なことです

木の柱105角1本で10Tも支えます
驚きです
コンクリートでも12Tです
鉄骨では20Tです
如何に丈夫か解ります

s-CIMG0160.jpg

auto-RQTfXI.jpg

auto-uFRZsp.jpg

s-CIMG1386.jpg

s-CIMG0141.jpg

s-CIMG0082.jpg

auto-f4QLeL.jpg

auto-Eq9LUx.jpg

s-DSC00362.jpg

s-CIMG0134.jpg

s-CIMG0132.jpg

s-CIMG0125_1.jpg

s-28-001.jpg

s-24.5.jpg

s-15.jpg

s-18.1.jpg

s-18.6.jpg

s-CIMG0907.jpg

 最大の特徴は

画像の説明

安心して住める、永く家族と時間を過ごせる、安心を追求しました

全ての素材が 断熱性が高い、優れているものを使用します
地域の素材を ふんだんに使用します
健康に及ぼす影響がないもの使います

地域の風景に マッチしたデザインにします
いつまでも永く世代が変わっても住み続けられるお家を

地域の気候に適した工法で創ります
柱、梁が表わしの家は、独特の優しい雰囲気があります

リフォームでも新しいお家でも お家工房の家 を提案します
飽きの来ないデザインは、世代が、所有が、変わってもまず大丈夫ではないでしょうか。
         

古民家をリフォームします

 水廻りを最新にする、

子供の成長に合わせて、部屋を確保する、バリアフリーにする、など、いろいろと工事を繰り返しているのを見ます
建物の全体になる構造をなおされるような工事はまれです

水廻りは別棟で建てられている場合が多いので、
安易に建築を業としない、設備の会社、屋根の工事店、塗装の店、内装の店などがされているのがあります

本業を優先しますので、構造が少し傷んでてもそのままで済ますことが多いとも聞きます

その時に直せば簡単に安くできることも、時間がかかる、手間がかかるなどの理由で早く終わらせるために無視してるということを聞きます
こんな工事をした後は特に、数年後に白蟻なんかで腐っているんだけど見てくれない、なんかで発見されるものです

リフォームでは 品物を付けてしまえば、今後痛むまで再度の修理はできません
無駄なことは繰り返さないためにも、お客様にも見せて工事に参画してもらえば防げます

画像の説明画像の説明

水廻りは特に痛みが大きです タイルを施行したお風呂トイレが年月で水漏れがしているので注意を要します

古民家を再生します 

再生といっても大掛かりでは無く、造られた当時のような構造に戻すだけです

柱を抜いて入替えたり、壁を修理したり、維持するのに普通のことです

でも少しだけタタミを板間に替えたり,天井を外したりもします

画像の説明画像の説明

 お客さまの困った、不便、段差がね、共感できるようなリフォーム提案をします

 たいていのお宅なら、新築同様に快適に暮らせるように、修繕もできます。

今では、耐震補強、で価値を見直す、
この家の歴史を守る、変えるから活かす を最優先でご提案します

建物は先人からの贈り物、預かり物 後世につなぐことです

皆さん、いろんな楽しみを見つけていらっしゃいます

ガチャポンを修理して使いたい と言われました

画像の説明画像の説明画像の説明

大工の師匠の仕事です

画像の説明画像の説明画像の説明