自分だけ仕様の家

高耐久の家で、自分だけ仕様のお家

 あとで絶対に変えられないところからコストをかけていく

建ててしまえば構造体は変えることは不可能です。
その不可能な部分を、お家工房のお家は標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする性能を持っています。省エネルギーで耐久性も耐震性も高い住宅が標準仕様で実現できます。

 お家工房の標準仕様

デザイン・性能・コストを両立するために、寸法・仕様・外観・設備それぞれに「ルール」を設定しています。
断熱材やサッシなど性能に関わる部分、構造床材など後から変えるのが難しい部分を固定した仕様です。
この標準仕様で建てた場合の価格がお家工房の家です。

標準仕様で幅広い家づくりを実現できるようになっていますが、標準仕様にないからといって高耐久を実現できないことはありません。

2X4お家を建てる !!

2X4の家は大工さんの腕に左右されないシンプルな構造と言われています。
当社の創るお家は標準仕様高耐久が当たり前のお家です

地震に安全であると言われます。
木造パネル構造で5寸角柱を使用 なんてことも出来ます。
2X4のパネルだから可能なんです。
構造にこだわった安心なお家を創っています。

ご予算に応じて、他にない自分だけ仕様のお家

をデザインすることができるのがお家工房の家づくりです。
建物の大きさを出して、そこに必要な部分をオプションで足していく。

予算に合わせてこだわりのオプションを追加して、家族の理想の家をお家工房と一緒に創っていきましょう。



標準仕様のお家 

内装のないお家

〈お家の構造体のみ〉
1Fは、間取りを決めてもらい、2Fの内部は、耐力壁だけのフリープランのお家です。
2X4の性能を確保しつつ、 内部の内装仕上げは、しない。
予算に合せて、こだわりのオプションを追加出来る、お家をお創りします。


柱が見える真壁のお家

私が育った家、古民家風を追求したお家です

自然素材。木のお家

あきらめないで下さい

自然素材の家は、手が届かないくらい高価なもの?
確かに、新建材を使った家と比べれば、決して安いとは言えないかもしれません。
でも、少し立ち止まって考えてみてほしいと思います。
皆さんにとって一生に一度の家づくりは、坪数と坪単価でスタートしても良いのでしょうか?
暮らしの本質を見直すと、何がいちばん大切なことか見えてきます。
皆さんにとって暮らしに本当に必要なものって何ですか?
私なら、大きさや値段よりも、中身の心地よさを選びます。

家は、小さくてもいいと思うのです。
趣味や旅行にお金をかけるなど、現代の生き方は様々です。
それは、どんな家に住みたいかではなく、どんな風に暮らしたいかを考える方が増えている証拠だと思います。
「低価格で大量生産型のとにかく大きな家」と
「質を落とさずに自分らしく建てる自然素材の小さな家」
あなたならどちらを選びますか?

見た目は小さな家、でもきっと毎日の暮らしは楽しいはずです。

あえて小さい家に住む

少子高齢化、核家族・・・。
両親との同居も少なくなり、現代の家づくりはガラッと様変わりしました。
私たちにとって住まいとは何なのでしょう?
家族が暮らす器、家族が育む基地、家族が休む巣・・・。
必ずみんなが帰る場所、それが家です。
学校や職場、食も衣も、冠婚葬祭も生活の大部分が外にある時代です。
家にいるときくらい、家族がそばにいて気持ちを共有したい。
庭で野菜を作ったり、肩を並べて勉強したり、
お互いの顔を見ながら笑ったりと、どんなときも、家族が寄り添って歩んでいける距離でありたい。

それに、家をつくるということは、たくさんの資源を使うことになります。
お家工房では、家の材料に、将来は土に還ることができる素材を使っています。
だからといって、いくらでも使っていいわけではありません。
使わない部屋は、言い方をかえれば無駄なスペースです。

家族が暮らしていくのにちょうどいい家。
私たちは、あえて小さい家をつくりたいと思っています。

2X4で真壁のお家

2X4で古民家風のお家


画像の説明



右のような建物の内装を自分でDIYするのも楽しみと言う人には!















画像の説明

この建物は、大型の施設に適しています。工期の短縮、施工費の安さ(トータルで)、耐火性能で特殊建築物への対応のしやすさ、など 設計施工工事にかかわったものなら解る利点です。
特別な大スパンも可能です最大11.5m が可能です。
( 特殊な梁 T J I )

㈱オーシカ のサイト>> のサイトでご覧ください。

今話題の高専賃、グループホームなどで、火災に対してもファイヤストップ 通気止めなどでを 特に気にしなくても有効です。
安全、安心適性な経営の観点からも、ぜひ 候補の1つとしてご検討ください。

画像の説明

2X4は、決して期待は裏切りません。
2X4建物の基本的なことなどは、
[[(社)2X4協会>   のサイトでご覧下さい。