2X4で自然素材。木のお家

自然素材。木のお家

あきらめないで下さい

自然素材の家は、手が届かないくらい高価なもの?
確かに、新建材を使った家と比べれば、決して安いとは言えないかもしれません。
でも、少し立ち止まって考えてみてほしいと思います。
皆さんにとって一生に一度の家づくりは、坪数と坪単価でスタートしても良いのでしょうか?
暮らしの本質を見直すと、何がいちばん大切なことか見えてきます。
皆さんにとって暮らしに本当に必要なものって何ですか?
私なら、大きさや値段よりも、中身の心地よさを選びます。

家は、小さくてもいいと思うのです。
趣味や旅行にお金をかけるなど、現代の生き方は様々です。
それは、どんな家に住みたいかではなく、どんな風に暮らしたいかを考える方が増えている証拠だと思います。
「低価格で大量生産型のとにかく大きな家」と
「質を落とさずに自分らしく建てる自然素材の小さな家」
あなたならどちらを選びますか?

見た目は小さな家、でもきっと毎日の暮らしは楽しいはずです。

あえて小さい家に住む

少子高齢化、核家族・・・。
両親との同居も少なくなり、現代の家づくりはガラッと様変わりしました。
私たちにとって住まいとは何なのでしょう?
家族が暮らす器、家族が育む基地、家族が休む巣・・・。
必ずみんなが帰る場所、それが家です。
学校や職場、食も衣も、冠婚葬祭も生活の大部分が外にある時代です。
家にいるときくらい、家族がそばにいて気持ちを共有したい。
庭で野菜を作ったり、肩を並べて勉強したり、
お互いの顔を見ながら笑ったりと、どんなときも、家族が寄り添って歩んでいける距離でありたい。

それに、家をつくるということは、たくさんの資源を使うことになります。
お家工房では、家の材料に、将来は土に還ることができる素材を使っています。
だからといって、いくらでも使っていいわけではありません。
使わない部屋は、言い方をかえれば無駄なスペースです。

家族が暮らしていくのにちょうどいい家。
私たちは、あえて小さい家をつくりたいと思っています。